転職を決意する理由は様々です。また、転職活動を実際に始める時期も、在職中から転職活動を始める場合、退職してハローワークに通いながら転職活動をする、退職し、専門学校などに行きながら転職活動をするなど、様々です。

 

転職の理由が何であっても転職活動を始める際は、自分の考えを明確にし、しっかり認識しておくことが必要です。自分がどのような仕事をしたいのか、そしてその理由は?

 

自分の考えがしっかりしていれば、転職活動を進めていく途中で迷う場面に遭遇した場合でも、間違いのない方向を選択することができるからです。

 

転職活動をする際に特に気を付けたいことは、前向きな気持ちで望むということです。

 

転職するきっかけが、他にやりたいことがある、より高い給与を求めて、というようなポジティブな理由の場合は気持ちも前向きになれます。

 

しかし、仕事が大変だから、残業が多い、上司とうまくいかない、といった理由の場合は、現在の状況から抜け出したいという気持ちが強くなりがちです。

 

そのような理由の場合は転職先に対する希望条件があいまいになり、もし転職できたとしても結局は同じ思いをしてしまうということにもなりかねません。

 

そうならないためにも、転職を決めた理由をしっかり自覚し、転職先では自分はどうしたいのか、何ができるのか、前向きな気持ちを持つことが最も大切です。

 

そういう前向きな気持ちは面接の時、採用担当者にも伝わります。後ろ向きな気持ちでいると、やはりそれも相手に伝わってしまいます。

 

自分の考えをまとめるにあたっては、自分のこれまでの経歴や資格を書き出したり、転職経験者にアドバイスを求めることから始めると、スムーズに行きます。