転職は何歳まで可能か、という問題はよく議論されますが、転職をするには仕事によって適した時期というものがあります。

 

例えば、今まで経験のない新しい仕事に就きたい、資格や専門的な能力を身に付けたい、というような場合は、若ければ若いほど短期で習得することができ、仕事に活かせるになります。

 

また、これまでの仕事で身に付けた技術やスキルといった、専門家としての自分の能力を活かし、より高い報酬の仕事に就きたいというような場合は、ある程度の経験や実績がないと信頼や周りの協力が得られずに、転職に失敗するおそれがあります。

 

ここでもまた、自分が転職したい理由や目的、自分の持つ能力、強みをよく知ることが重要になってきます。

 

転職を決意したら、なるべき早く転職活動を始めます。

 

特に退職した場合は、転職活動を始めるのが遅くなると、面接で退職してから何をしていたかと聞かれた時、専門学校や資格取得のために勉強をしていたといった前向きな理由がない限りは、悪い印象をもたれることになるからです。

 

退職してから転職活動を始める場合は、少なくとも3ケ月以内に希望する転職先の面接を受けることができるようにスケジュールを立てて活動を始めることが大切です。そして半年以内には転職先を決めるようにします。

 

気を付けたいのは、一度転職を経験すると、転職するということに対する心理的なハードルが下がり、転職先に何か問題があった場合、自分で解決しようとせずにすぐにまた転職するという習慣がついてしまうことです。

 

日本では、転職を繰り返すことは、今でも多くの企業はネガティブなイメージを持っています。転職を繰り返せば繰り返すほど、再就職が困難になってくるおそれがあります。

 

そうならないためには、「転職をする」ことと「転職先の選択」は、慎重に考えて決めなくてはなりません。