転職活動を始め、候補となる会社をいくつか選び出したら、次はその会社に送付する履歴書を作成します。

 

履歴書には、自分のこれまでの職歴、実績やスキルなどを記入する職務履歴書と、主に自分のプロフィールを記入する履歴書の二種類があります。

 

職務履歴書は自分の能力を会社にアピールするもので、これまでの職務の具体的な内容、実績や成果、資格などのスキルについて、時系列でわかりやすく簡潔に記入します。どのように書いてあると読みやすいか、どんな能力がその会社にとって魅力的なのか、採用担当者が読む気持ちになって書くとまとまりやすくなります。

 

書式はA4サイズの用紙に横書きが一般的です。手書きでもかまいませんが、パソコンで作成しても問題ありません。枚数は1枚が基本で、多くても2枚までにとどめておきます。

 

履歴書を通じて、資料をまとめる力を会社側は見ていることも多く、採用の判断材料にしているところもあります。

 

わかりやすく簡潔で、ポイントを抑えてあるのがよい資料の条件です。アピールしたいことが沢山あるからといって、無闇にボリュームのある履歴書を作っても、却って逆効果なのです。

 

実績や成果は、その成果が得られるまでの過程も書いておきます。どのようにして成果を得たかというのは、その人の実力を判断する材料になるからです。

 

取得した資格や自己啓発をしていたことがあれば、その会社にとってメリットのあることなら書いておきます。

 

会社側にとって、転職で採用する人材には即戦力を求めることがほとんどです。そのため、その会社が必要としているスキルや実績、資格、経験を事前によく調査し、自分は希望とする会社でどんな貢献ができるのか、職務履歴書でしっかりアピールすることが大切です。