現在在職中で転職することを決めたら、退職に向けての活動に入ります。基本はよく言われているように、「円満退社」です。

 

今の仕事や職場に不満があったり、人間関係がうまくいってなかったりしても、決してカドを立てることなく、退職するようにします。

 

前の会社の評判が転職先の会社に伝わらないとも限りません。転職と同じように、退職も慎重に進めることが大切です。

 

退職を決意したら、退職の二か月くらい前までに、直属の上司に退職したいことを伝えます。仕事の引き継ぎなどがありますから、実際の退職する時期は上司と相談しながら決めていきます。

 

そしてよほどの事情がない限り、在籍している会社が忙しい時期、年度末、期末などは避けるようにします。

 

一緒に仕事をしている部署の上役にも伝えるようにします。これらもまた、退職を円満にスムーズに進めるための心遣いのひとつです。

 

会社側に伝える退職の理由には、注意が必要です。

 

退職の理由は「自分自身の都合」に限定します。例えば、他にやりたいことがある、実家に戻る、家業を継ぐなどです。もし転職先が決まっていたとしても、絶対に言ってはいけません。

 

また、今の会社に対する不満を口にするのはご法度と心得ましょう。

 

退職の意思を会社側に伝え、了解が得られたら正式に退職届を提出します。

 

退職する際は、会社から提供された社員証や社章、健康保険証など、返却を要求されたものを全て返却します。その逆に会社から受け取らなくてはいけないものとして、離職票、源泉徴収票、雇用保険被保険証、年金手帳などがあります。

 

この中でも、雇用保険被保険証は雇用保険に入っていたことを証明するもので、転職先の会社に提出が必要ですので、必ず受取っておきましょう。また、源泉徴収票は年末調整に必要になるため、年末が近づいたら郵送してもらうように依頼しておきます。

 

離職票は、転職先がまだ決まっていない場合に失業保険の給付をうけるために必要です。自分の状況によって、会社へ請求すべきかどうか決めましょう。