書類選考に通りこれから面接を受けるという時、他に希望していた転職先が決まった、更に魅力的な会社が見つかった、面接の日がどうしても都合が悪くなってしまうことがあります。

 

このような場合は、面接の日を変更してもらったり、面接を辞退することになりますが、依頼の仕方、断り方には注意が必要です。なぜなら会社というのは、一見関係のない会社同志でも、取引があったり個人的な人脈があるからです。

 

そのため、断るときにぞんざいな態度をしてしまうと、転職市場にそういう評判が広がってしまう可能性があります。

 

所定の決められた面接日に行けなくなった場合の対応としては、できるだけ早く会社側に連絡します。面接担当者と直接連絡がとれるようになっている場合は、必ず担当者に連絡をいれるようにします。

 

連絡方法としては、基本は電話です。最初にお詫びの言葉を述べ、面接日の変更をお願いする、辞退する、いずれの場合も理由をちゃんと説明します。こちらの誠意が伝わることが重要です。

 

他に転職先が決まって辞退する場合は、「他の会社に決まりました」と説明することは一般的には問題ありません。

 

連絡はメールでも可能ですが、相手がすぐにメールを見るとは限らず、出張に出ていてメールを見たのは面接の当日ということもありえます。そうなると、面接の場に立ち会う人への連絡が遅れる、借りていた場所が無駄になるなど、相手側に多大な迷惑んをかけてしまうことになってしまうのです。

 

面接に社長や役員などが立ち会う場合は、多忙な中の貴重な時間をさいているわけですから、連絡の遅れは致命的と考えましょう。面接の日を変えてもらったとしても、評価が悪くなってしまうかもしれません。

 

決められたことが守れなくなった場合にすぐに連絡を入れるのは、社会人としての基本です。