転職希望者に求めること記事一覧

学校を卒業して初めての就職、そして数年経って仕事や会社のことがわかってくると、今度は段々と、自分のやりたい事は何か、という意識が芽生えてきます。そうして今の仕事ではなく、ほかにやりたいことがあるという気持ちになったとき、転職を決意します。また、現在働いている会社では不満がある、という人は少なくないでしょう。20代での転職の多くは、このどちらかに当てはまるケースが多くみられます。20代の転職の強み、...

30代で転職を決意する理由としては、自己の更なるレベルアップ、これまでの実績や身につけたスキル、能力を活かしてのステップアップなどがあります。いずれにしても仕事のことは一通り覚え、自分で計画を立てて職務を遂行できるようになっているのが30代です。転職先を決めるに際しては、自分の希望条件に合っていることが絶対条件です。一方、会社側が30代の転職者に求めるのは「即戦力」です。実務的には会社ごとにやり方...

よく転職は35歳まで、という話を耳にしますが、特に根拠があるわけではありません。確かに20代、30代と比べると、40代の転職は求人自体少なくなるのは事実ですが、企業が40代を求めていないということではありません。40代の持つキャリアや能力を必要としている会社はたくさんあります。募集要綱で、たとえば35歳までというように年齢を限定していても、求人の条件が自分の希望に当てはまっているようであれば、応募...

女性の社会進出が話題になってから、もうかなりの年月が過ぎました。欧米化の流れや男女平等機会均等法の成立よって、日本でも女性が男性と同じようえに仕事を与えられ、昇進もしていくことなどが期待されていましたが、現実には以前とさほど変わっていない、という意見もまだ残っています。しかし、実際に女性が様々な場面で前面に出てくるようになったのも事実で、女性の社会進出は、ゆっくりですが着実に進んでいるのは間違いあ...

ある会社に就職を希望する理由を、志望動機と言います。特に、自分のやりたいことがはっりしている転職の場合は、強い志望動機があるといえます。面接の際は、志望動機を明確に伝えることが大切です。但し、志望動機が会社の利益にかなったものである必要があります。ひとりよがりの動機では、会社は求職者に対して何もメリットを感じません。更に、志望動機に対し、自分はそれを実現できる能力、スキル、実績などがあることを説明...