よく転職は35歳まで、という話を耳にしますが、特に根拠があるわけではありません。

 

確かに20代、30代と比べると、40代の転職は求人自体少なくなるのは事実ですが、企業が40代を求めていないということではありません。40代の持つキャリアや能力を必要としている会社はたくさんあります。募集要綱で、たとえば35歳までというように年齢を限定していても、求人の条件が自分の希望に当てはまっているようであれば、応募してみる価値は十分にあります。

 

企業が40代に求めるのは、組織を統率する力です。

 

30代に対しても仕事をリードしていく力が求められますが、40代の場合は、リーダーシップの範囲が更に広がります。それは、組織に対するリーダーシップです。組織をリードしていく統率力、対外的な交渉力などが求められています。

 

また、自ら変革を生み出し、組織の枠を超えてリーダーシップを発揮していくのも40代に期待されている重要な役割です。

 

リーダーシップは座学では習得することはできません。理論と実践が重なり合い、自身が長い時間をかけて体験、実践することで習得できるものです。ですから逆に言うと、若い年代ではなかなか習得できないというものです。

 

更に、周りとの協調性や人脈の豊富さなども、長い間しっかりと仕事をしている40代ならではの強みです。

 

ただし気をつけたいのは、以前のやり方が今もうまくいくとは限らないということです。それまで積み上げてきた経験を活かすとともに、新しいことにも積極的にチャレンジしていくことは、何歳になっても必要です。

 

常に自分自身を客観的に見るとともに、時流もしっかり把握することが40代の転職で失敗しないためのポイントです。