女性の社会進出が話題になってから、もうかなりの年月が過ぎました。

 

欧米化の流れや男女平等機会均等法の成立よって、日本でも女性が男性と同じようえに仕事を与えられ、昇進もしていくことなどが期待されていましたが、現実には以前とさほど変わっていない、という意見もまだ残っています。

 

しかし、実際に女性が様々な場面で前面に出てくるようになったのも事実で、女性の社会進出は、ゆっくりですが着実に進んでいるのは間違いありません。

 

働きたい女性にとって一番困るのは、出産や子育ての時に、一旦仕事をやめなくてはならないことです。

 

育児休暇制度を採用している会社も増えてきましたが、出産を機に退職となるケースもまだ少なくありません。男性の育児休暇も話題にはなっていますが、実際に取り入れている会社はわずかです。

 

しかし、ちょっと考え方を変えてみれば、一旦仕事を離れることで、自分は何をしたいのか、何ができるのか、じっくり考えるよい機会ともいえます。自分の本当にやりたいことが見えてきたり、ステップアップしたいといった気持ちが強くなってきたら、転職を検討する価値は十分にあります。

 

転職先を探す方法としては、自宅でできるインターネットの転職サイトをはじめとして、求人情報誌や人材派遣会社などがあります。この中でおすすめは、人材派遣会社の利用です。

 

他の方法では求人の対象として男女の区別を明記していないことがあり、応募してみたら募集対象は男性のみで断られるケースがあるからです。

 

その点、人材派遣会社なら、女性を募集している会社かどうかはすぐにわかります。また、人材派遣会社は転職のノウハウも豊富なので、履歴書の書き方や面接のテクニックを指導してくれたり、面接のスケジュール調整までしてくれるところもあるくらいです。