求人広告は、仕事の内容、採用のための条件、必要な資格などを記載しているものですが、採用の条件などは、少しでもはずれると採用されないかというと、必ずしもそうは言い切れません。求人情報の正しい見方を知り、後悔のない転職を目指します。

 

仕事の内容

 

仕事の内容は「職種」であらわされることが多いのですが、会社によってそのとらえ方は様々です。

 

というのは、職種が同じであったとしても仕事の内容がまったく違うことがあるからです。具体的な仕事が何通りも考えられるときは、直接会社に確認の問い合わせするなどして、間違いのないようにしておきます。

 

資格

 

最終学歴や年齢、専門性が屋う旧される場合には、それに対応する資格などことをあらわしています。

 

学歴は、大学卒、専門学校、高校卒以上といった条件が多くみられます。年齢は、たとえば35歳までとなっていても、37歳で採用されるケースもありますので、会社の要求する条件が自分に当てはまっていれば、多少の前後は気にしないようにします。

 

給与

 

給与体系、最低保証賃金などをあらわしています。

 

最近では、年俸制や裁量労働制を採用している企業が増え、従来の固定給、月給制なども含めて、様々な給与体系がみられるようになりました。後になって思い違いがないように、希望する会社の給与体系を正しく理解しておく必要があります。

 

また、賞与や交通費などについても、忘れずに確認しておきます。

 

勤務形態

 

労働時間、残業時間、勤務地、転勤の有無などです。

 

支店がある場合は、勤務地はどこか、転勤がある場合は、転勤先はどこがあるのか、行先の希望はきいてもらえるのか、などが確認項目です。

 

残業は、毎月なのか、決算時期などに限定されているのかを確認しておきます。子供の送り迎えなど、個人的な理由で残業はできない場合は、認めてくれるのか、なども確認が必要です。

 

休日、休暇制度
週休二日か、週休二日であっても土日かどうか、祭日は休みか、夏季冬季、GWの休みはカレンダー通りか、などが確認項目です。

 

休暇制度は、年に何日有休休暇をとることができるのか、病欠、公休はあるかなども確認しておきます。