職種によっては、特定の資格を持っていないと仕事ができない場合があります。そういった職種に転職をするときは、どんな資格が必要か、確認しておかなくてhなりません。

 

宅地建物取引主任

 

住居等の建造物、不動産売買を仲介する際などに必須の資格です。

 

実際の仕事としては、売買の契約を締結するときに、購入者、販売者に対して重要事項を説明する義務があり、この資格を有する者が実施することが定められています。不動産売買に直接関与する仕事のほかに、住宅メーカーのアドバイザーなどもあります。

 

インテリアコーディネーター

 

その名のとおり、インテリアのデザインをはじめ、配色や家財の配置などのアドバイスなどをするための資格です。色や空間、デサインなどに関する基礎的なことを学びます。

 

ホームヘルパー

 

高齢化が進む日本では、ホームヘルパーの求人が急激に増加してきています。

 

資格取得に際しては、ホームヘルパー養成研修を受講する必要がありますが、ニーズの高まりとともに、講座を設定する学校も増えてきました。ヘルパーとして働くためには、まず2級を取得します。

 

介護福祉士

 

高齢者、障害者を介護する仕事に従事するために必要となる国家資格です。

 

CAD検定

 

製造業、設計事務所、デザイン会社などにとっては、なくてはならない職務です。

 

普通のパソコンと違い、CADの操作には専門的なスキルが必要です。新卒採用なら、会社に入ってから操作を習得することができますが、即戦力が求められる転職では、あらかじめ身に着けておく必要があります。

 

診療報酬請求事務能力認定試験

 

医療機関の窓口業務などの医療事務を行う場合に必要とされる、厚生労働省認定の資格です。

 

人手不足の傾向にあるので、女性で出産などで一旦仕事を離れても、再就職しやすい状況にあります。

 

こういった特定の職種では、指定された専門の資格を持っていることが採用の条件になっているのです。