転職では何社もかけもちしていることが多いので、もし内定をもらうことができたとしても辞退しなくてはいけないケースが出てきます。

 

そういう場合には内定を出してくれた会社に辞退を申し入れることになりますが、極力早く辞退の連絡をする必要があります。内定通知をもらってからは、時間が経過すればするほど会社側は受け入れのための準備を進めることになるからです。

 

例えば、研修の準備、備品の用意といったものです。辞退が遅くなると、賠償という形で会社から請求される可能性もあります。

 

内定通知というのは、会社側から正式に採用するという契約書です。

 

内定の定義は、会社側が内定通知を求職者に渡すことで承諾されたとするものです。そして求職者が内定承諾書を返信した時点で、会社との雇用の契約が成立したことになります。

 

そのため厳密に言えば、内定辞退というのは契約不履行にあたることになりますが、会社側もある程度の辞退を見込んでいることもあり、よほどのことがない限り会社側が賠償請求を求めることはありません。

 

但し、辞退の時期は問題になってきます。会社側の損害にならないよう、辞退が決まったら、できるだけ早く申し入れることが重要です。

 

面接の際に気をつけたいのは、実際にそうでない限りは、御社が第一希望、と安易に言ってしまわないことです。会社によっては、その意気込みをかって採用の判断をすることがあるからです。

 

人事というのは会社組織の中だけでなく、色々なネットワークを持っており、ある会社で問題となったことは他の会社にも情報が流れていることがあります。そのため、辞退することになった場合でも、ルールを守ることは社会人として必要不可欠です。

 

人材派遣会社を通して紹介してもらった場合には、人材派遣会社にも辞退するこを必ず伝えましょう。会社との橋渡しをしてくれる人材派遣会社にも迷惑をかけることがないように留意します。

 

辞退するときは、直接会社の採用担当者に電話をして辞退することを伝えます。さらにその後、辞退の詫び状を出しておくことを忘れないようにします。