退職する際に注意しなくてはいけないのが各種保険の扱いです。保険によって年金の受給に大きく影響するものがあるからで、忘れずに対処することが必要です。

 

保険の中でも一番注意すべきは健康保険です。

 

退職する場合は、会社で入っていた健康保険を一度脱退しなくてはなりません。退職して月野会社に就職するまでの間は、その代わりに国民健康保険に加入することになります。自分で所定の場所に行って手続きをしなくてはなりません。

 

特例として、被保険期間が資格喪失日前日まで継続して二ヶ月以上ある場合は、最長で二年間、それまで勤めていた会社健康保険を継続することができます。

 

但し継続したときは、任意でやめることができません。

 

この特例の申請は、資格を喪失する二十日前までにしておく必要があります。もし継続を希望する場合は、忘れずに早めに申請しておくようにします。また、決められた日までに保険料を納入しないと資格は自動的に消失します。

 

保険料は在職中は会社と折半でしたが、退職して継続する場合は全額個人負担となります。この場合は、前納することで割引制度の適用を受けることができます。

 

健康保険の継続は【健康保険任意継続被保険者資格取得申請書」を提出することで申請します。被扶養者がいる場合は、「健康保険被扶養者(異動)届」の提出も必要です。転職すると転職先の会社であらたに健康保険に加入しますので、継続の資格は消滅します。

 

退職したとき、もし配偶者と同居している場合は、失業保険の給付を受けている間でも被保険者になることができます。但しそれには条件があり、年収が配偶者の半分以下であること、且つ、130万円未満であること、です。

 

健康保険組合によっては、失業保険を受け取っていると、上記の条件を満たしていても被保険者と認定しないことがありますので、事前に確認する必要があります。