転職を決意したら次は実際に転職活動を始めることになりますが、ここで問題になるのは、今の仕事を続けながら転職活動をするのか、それとも一旦退職してきりをつけてから始めるのかです。

 

仕事をしながらの場合は、転職活動にそれほど多くの時間を割くことはできないことがほとんどです。そのため、準備不足や情報不足になるおそれがあり、面接の日時や会社訪問などの融通がきかない可能性も高くなります。

 

しかし、仕事は続けているので収入の面で心配がなく、逆に落ち着いて活動ができるという利点もあります。さらに、転職しようとする職種に必要なスキルや資格があらかじめわかるので、その準備にとりかかることもできます。

 

一方、退職後に転職活動を開始するのであれば、時間をかけて情報収集や準備に取り掛かることができます。会社説明会や企業訪問、面接なども回数をこなすことができ、納得のいくまで転職先を選ぶことができるのが、この方法のメリットです。

 

ではどちらがよいか、ですが、もしどちらでも選択可能な環境にいるなら、在職しながら転職活動をするほうに多くのメリットがあります。時間等の制約はありますが、収入があることはやはり、心理面でのストレスが少ないからです。

 

また、転職活動の開始時期を決めておかないと、時間ばかり過ぎてしまうおそれもあります。

 

気をつけたいのは、転職先が決まっても、一般的にそれまで在職していた会社での引継ぎがあるため、すぐには転職できないことが多い、ということです。会社や職種によりますが、一ヶ月〜二ヶ月の引継ぎ期間を見ておくべきです。また、決算時期等、退職を避けたほうがいい時期がないか、確認しておくようにします。